肩こりを楽にする、原因は?

2022年9月20日

北九州市小倉南区と小倉北区で肩こりを楽にしたり、解消することをしています。

肩こりと言うといろいろな方法があると思うんですが湿布を貼ったりサプリメントを飲んだり家族ノ形に形をマッサージしてもらったり専門家の先生にマッサージをしてもらったり電気をかけたりと多くの方法がありますが運動療法的にも肩こりを解消するために多数の施術法が存在しています。

肩こりが、どうして起きるのか?

肩こりと言うと結果的に筋肉を、ほぐしたり柔らかくしたり飲んだりすることばかり、楽になるために肩こりが、どうして起きるのかと言う原因までは解決できていないような気がしています。

肩こりを起こしてしまう筋肉と言うのは指先や腕や方に荷物を持ったりスマほの感触など使うことが多くあるため筋肉の疲労が残ってしまいやすいと言うこともありますが筋肉が弱っているとか筋肉が鍛えていないとかと言う理由でも肩こりになってしまうと言うことを言われてしまいます。

実際には何が原因なのか?

しかし日常を使うことが多い指先や腕や肩と言うのは筋肉疲労が溜まりやすいのは事実なんですが、筋肉疲労と言うのは寝ている間に解消できていなければいけないんです。

つまり朝から肩が凝っているとか、そういうことが起きると言う事は寝ている間に筋肉疲労を解消できていないと言えます。

筋肉疲労が起きる原因

肩こりの筋肉が筋肉疲労を起こしてしまうのは、普段何気なく使っていることが積み重なった結果として起きていますので、生活することや仕事をすることや身体動かしたり買い物をしたり車の運転をしたりスマートフォンを操作したり多くの動作で筋肉疲労が積み重なっていっています。

悩む人

普段、何気なく使っていることが筋肉疲労として残っているのが肩こり?

どうして解消しないの?

スタッフ

解消する力が体にあれば解消しているはずです。
それがないと言うことが言えます。

どうして自力で解消できない?

どうして筋肉のコリを自力で解消することができないのか?

栄養が足りない?、筋肉疲労を解消するビタミンが足りてない?

食べ物も重要な要素になるんですが、それだけではありません。

筋肉疲労を解消するためにはご自分の状態がどの段階にあるのかということが問題になります。

筋肉疲労を自力で解消するには体がある程度は整っていなければ解消することができません。

体が整うと言う言葉の逆は体が崩れているとか体が歪んでいると言うことが言えます。

歪みや崩れを起こすのは?

体の崩れや体の歪みを起こすのは普段の生活で何をしても新しく生み出されていくものが体に蓄積していくのが原因です。

例えば仕事をして「あー今日は疲れたなぁ」と思っても数分経つと疲れたことさえ忘れている場合が多くあります。

疲れの特性として新しく生み出された時にしか疲れは感じ取ることができませんが、解消されていく疲れもあれば、すべてが解消されることもなく積み重なっていく疲れもあります。

解消されていく疲れは肩こりにつながる事はありませんか、解消されずに体に蓄積していく疲れは肩こりにダイレクトにつながっていきます。

普段の生活以外にも新しく溜まっていく疲れがあります

それは眠りの浅さや時間が少ないと言う状態でかなり疲れが溜まっていきます。

多くの方が眠りと言うと眠っていると思うでしょうが肩こりを起こす方は眠りの質が浅く時間も足りていないと言うことで筋肉の疲労を取ることができない状態になっています。

症状