骨盤矯正で骨盤を小尻に

2022年9月20日

北九州市小倉南区と北九州市小倉北区で骨盤矯正をするなら、ただ骨盤を小さくしたいではなく、なにをしたら骨盤が小さくなるのか、を考えて下さい。

悩む人

骨盤矯正で骨盤を小さく小尻にしたいんですが
できますか?

案内人

はい、大丈夫ですよ。
しかし、本当に任せて頂くためには検査から入る必要があります。
そして、骨盤の横を触って大きさを覚えてもらうこともしています。

悩む人

えっ、検査からですか?
そして骨盤を触る?

案内人

ええ、そうです。
骨盤矯正をしたあと、変化がわかるように、施術をする前に触っておかないとわからなくなりますよね。

悩む人

あっ、そうですね。
変化がわかるようにしているわけですね。

案内人

そうです。
幅を触るときにも、幅を感じようとしないと手を置いているだけになり、変化してもわからなくなりますよ。

悩む人

手を置いているだけ?

案内人

はい、そうです。
例で言うと骨盤矯正をして、骨盤が小さくなっても、変化がわからないと言う方がいたんです。

悩む人

そうなんですか?

案内人

わからないと言う割には、「なんだかスカートが緩くなった」って言ったんです。

悩む人

あははっ、そうなんだ。

案内人

スカートが緩くなったと言うことは、骨盤が小さくなったか、ウエストが細くなったと言うことだと思うんです。

悩む人

そうですね。
でも、ウエストが施術することで細くなるんですか?

案内人

だって、思いませんか?
骨盤が小さくなったのに、ウエストが同じと言うことは、余計に目立ちますよね。

骨盤が大きくなる原因

悩む人

最近、食べ過ぎてもないのにパンツがキツくなってきたんですよ。

案内人

それは疲れが溜まり過ぎてステレスとして体が感じているせいかもしれませんね。

悩む人

疲れは溜まって「いない気がするんですが、でもストレスは溜まっているかな?

案内人

日常の生活で疲れが新しく生み出されていても、生み出された数分しか感じないんですよ。

悩む人

え〜、そうなんですか?

案内人

はい、だから人は疲れをどれくらい溜め込んでいるか、わかっていないんです。

悩む人

と言うことは、溜め込んでいけば、いくほど、限界はなくて、それも感じない?

案内人

そうですね、でも、いつかは感じるかもしれませんが、その時は、かなり多くの疲れとストレスを溜め込んでいますね。

悩む人

そうすると、どうなるんですか?

案内人

代謝が悪くなることはもちろんですね。
それ以外にも脂肪や浮腫が増えていきますし、骨盤の歪みや骨盤の開きが起きることは間違い無いです。
骨盤の歪みや開きが起きたところは、代謝も悪くありますよね。

悩む人

それでパンツがキツくなると‥‥‥

きゃ〜

骨盤が大きくなったり、スカートがキツくなる原因、またパンツがキツくなる原因は、運動不足、食べ過ぎ、高カロリーの摂取などもありますが、疲れの蓄積で、その疲れをストレスとして体は感じてしまい、その結果として、骨盤が歪んだり、骨盤が開いたりして大きくなることも多々あります。

また、眠りのトラブルから、骨盤が大きくなることもあります。

眠りと骨盤矯正

骨盤矯正をするときには、眠りの問題も大きく重なります。

悩む人

眠りですか?
眠れていますよ。

案内人

多くの方が、そう言います。
でも、本当でしょうか?

悩む人

はい、朝までぐっすりです。

案内人

本当に上手く眠れている方は、かなりの暴飲暴食をしないと太りません。
そして骨盤の歪みや骨盤の開きは最低限のはずなんですが。
それは検査すればわかりますが。

悩む人

えっ、そんなことでわかるんですか?

案内人

はい、わかりますよ。
別の方法もありますが、患者さんに納得してもらうためには、体の歪みの検査が一番です。

悩む人

もし、その検査で、骨盤の歪みや開きがないとなると、もう骨盤は小さくできない?

案内人

そうですね、難しいと言うよりも別の方面から攻めることもできます。

悩む人

別の方面?

案内人

はい、例えばですよ、生理痛があるとか、便秘があるとか、全て骨盤に影響がありますから。

悩む人

あっ、そうかぁ、骨盤の中にあるものだからですね。

案内人

はい、そうです。
しかし、今まで眠りの問題がないと言う方はいませんでしたよ。

骨盤が何かの理由で大きくなっているから小さくできるんです。

その理由には、特別なことは必要ではなく、骨盤が整っている方はいないと言う事実です。

誰でもなにも感じていなくても、骨盤の歪みは全員の方が起きています。

骨盤

骨盤の歪み

骨盤が整っている方は、一人もいません。理由として挙げられるのは人は生きて生活しているからです。

生きている限り影響があるものが原因で骨盤は多少なりとも歪んだり開いたりしています。

生きているかぎり影響があるものは、誰でも多かれ少なかれたまっているもので、それがストレスです。

ストレスと聞くと多くの方はわかっていないのに、なぁんだ、と思いますがストレスほど体に取って怖いものはないんです。

ストレスと聞いたら簡単に考えてしまいますが、ストレスは体に限界なくたまっていきます。

しかし、ストレスが増えていっても感じるのは、新しくたまったときだけです。

新しくストレスが生み出されて体に蓄積して、何かの症状を感じて、しばらくすると忘れてしまう。これを繰り返しながらストレスは溜まっていきます。

小尻に

Posted by tokuriki